MCBATTLEイベント戦極MCBATTLEの公式BLOGです


by SenGokuMC

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
NEXT 戦極
ENTRY MC's
DVD
戦極MCBATTLE?
BATTLE REPORT
BATTLE MOVIE
play back 戦慄
公式ルール
NEWS
メディア情報
CONTACT
スポンサー募集
MOL53(戦極CAICA)
ACE(戦極CAICA)
田中光(戦極CAICA)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venuspo..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月22日 戦極×罵倒 RO..
at 2017-06-22 21:46
6.17 Battle F..
at 2017-06-22 21:25
6/30 超ライブ×戦極 U..
at 2017-06-22 21:06
17章に向けて..再度戦極M..
at 2017-06-16 16:30
6.17 Bttle Fan..
at 2017-06-16 04:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

イベント・祭り

画像一覧

戦極MCBATTLE 6章 黄金の春の陣 (2013.4.28)-BATTLE REPORT-BEST16まで公開!

戦極MCBATTLE 6章 黄金の春の陣 (2013.4.28)

BATTLE REPORT
ALL STAR GAMEから早3ヶ月。

まさにゴールデンなメンバーで開催された戦極MCBATTLE 6章 黄金の春の陣。
予選エントリー枠も瞬く間に埋り,戦極MCBATTLEの人気に驚かされた。
戦極DJ'sの完璧な布陣の元、ベテラン・ルーキー・関東関西の猛者たちがぶつかり合う。
今回はそんな戦極2013春大会を完全レポート。

▼BEST32
○DARTHREIDER vs MC妖精
今回の第一試合は奇しくも今大会,最年長 DARTHREIDER vs最年少 MC妖精 の対決。
先行 DARTHREIDER はベテランならではの迫力を魅せ MC妖精 を突き放す。
主導権を握らせない試合運びも流石だ。
MC妖精 も最後のバースに「これがドンマイ三連発!」
と期待を裏切らないパンチラインを発射。
しかし、ここは DARTHREIDER には及ばず。
勝者 DARTHREIDER

○COBA5000vsHIDE
第一試合に続き,ベテランvsルーキー対決が続く。
噛み付きまくる平成世代HIDEにCOBA5000
は「おまえはまだ分別つかないガキンチョ?」
と余裕の対応。少し肩に力が入っていたHIDEに対して
うまくアンサー。勝者COBA5000

○AndersenvsKOPERU
dream boy KOPERUは戦極の問題児 Andersenと対決。
先行 Andersen は「人が作った泥船に乗って何がdream boyだ?ボケ!」
と,1バース目からとんでもない発言。
KOPERU も素晴らしいフローとラップスキルで返すが
Andersen の「お前の核心はすぐに突く、マイクが似合わない鈴木福」
などハードライミング&カウンターが連続で炸裂。この勝負は Andersen の大金星。
しかしながら、リスクを承知で参加した KOPERU には大きな拍手を送りたい。

○焚巻vs浄化悪
相変わらずスムースなラップを披露する焚巻。
福島出身の浄化悪に対して
「放射能よりもヤバイHumanが持つ力」
など非常にらしいラインも飛び出す。
お互いを認め合ったグッドバイブスなバトルは焚巻勝利。

○KBDvsU-Road
開幕直後、KBDの「等々来たぜ、戦極MC」からはじまったラインは
決意と覚悟を感じた。U-RoadもCOOLに返すが、
ここはKBDのライミングが炸裂。
U-Roadの「流行語大賞」→「you don't my flow」などの返しもよかったが
ここは観客のスイッチが入らず,KBDの勝利。
前評判では本大会の対抗馬と評価されてたU-Roadはここで敗退。
関西の強さを感じた。

○GILIvs踏剣
大会開始前、黄色い声援もあがった,端整な顔立ちのMC同士の対決。
成長著しいNEWヒーローGILIの押韻が踏剣を刺しまくる。
踏剣はいつもの切れ味が鋭いDisがなかなか出ない。
決定打の出ない踏剣に対して、臨機応変に韻で攻撃していったGILIの勝利。

Stray Doggvsゆうま○
優等生風の外見のゆうまに対して、
Stray Doggは「どうやらアイドルが紛れ込んだようだな?」と痛快なDis。
ゆうまも「アイドルならAKB,俺のラップのが絶対イイ!」
と負けてはいない。
勝負の分かれ目は先行Stray Doggが3バースの目入りを忘れてしまうミス。
ここはゆうまの勝利。しかし、毎回スキルアップを見せてくれる
Stray Doggにはこれからも期待したい。

○ふぁんくvsGOMESS 延
個人的に1回戦もっとも熱かった試合。
関西の凄腕ライマーふぁんくは先行,GOMESS を
「これは高校生のテストみたいなラップコンテストと訳が違うぞ?」
と切り込む。
GOMESS も「関西のラッパー皆様そうだ。ライムがギャグすぎてつまらねぇ」
と一歩も譲らないスタンス。
ふぁんくのCOOLなrhyme vs GOMESS のHIPHOPに対しての愛情。
判定は割れ延長へ。

延長,若干スタミナ切れした、GOMESSに対して
突拍子の無い奇襲戦法をしかけたふぁんく。流石にバトル慣れしていた。
GOMESSはここで敗退。MCBATTLEは三回目という事だったが
是非また挑戦してもらいたい。素晴らしいラッパーだという事を証明できたと思う。

崇勲vsLifesaver○
予選から這い上がって来たMC同士の対決。
ウルトラヘビー級パンチライナー崇勲の迫力に対して
Lifesaverは予選からの思いをぶつかる。
崇勲の三バース目のとんちが聞いたアンサーにはニヤリとしたが
この日の観衆にはフィールせず。
ここはLifesaver押し切り勝ち。

○pekovs我妥力-わたり-
続く関西vs関東の試合はpekovs我妥力。
pekoの挑発にも,我妥力は
「これはアウトレイジビヨンドみたいなもんだな?東西全面戦争」
とエンジン全開。今大会を象徴するラインを叩き出す。
しかしpekoの「アウトレンジビヨンドよりも悪魔を見たときのイビョンホン」
からのパンチラインは完成度が高すぎた。
勝者はPEKO。

磯友vs黄猿○
戦極の二枚看板同士対決。顔見知り同士の為か
磯友はイマイチスイッチが入らない。
いつもの押韻もなかなか出ず苦戦。
対して黄猿は予選からも引き続けてキレのあるフローで攻撃。
「今年だけ、落とし前」と
磯友に対してライムで落とした黄猿の勝利。

GOLBYvsLard○
2大ライマーの勝負。名前が呼ばれた瞬間,オーデェンスは大盛り上り。
お互いの踏み倒しの勝負の中,
LardはGOLBYの見た目を比喩して「インチキオジサン」→「英国紳士か?」
と流石のDis。
ペースを崩されたGOLBYも「お前のオヤジは水谷豊?時間の無駄だ」と反撃。
しかしLardの「水谷豊?うちのオヤジはチビでハゲだ。」
と韻を無視したパンチラインで勝負アリ。
関東関西の押韻対決は関西に軍配が上がる。

○鎮座DOPENESSvsファンシー
先行 鎮座DOPENESS,若干スロースターター気味だったが
リズム感とフローはやはり唯一無二。客席を魅了する。
だが、1バース目ファンシーが4小節で割り込むミスを行ってしまう。
しかしそのミスに乗っかり鎮座DOPENESSも4小節で勝負。
勝者は鎮座DOPENESS。ファンシーのフローも魅力的だったので,
8小節三本での勝負が見れなかったのが残念だった。

○SUS the 慢性vsたまちゃん
格別のラップ同士の対決はまるで語り合い。
SUS the 慢性の言葉選びの格好良さは流石だ。
他の誰にも負けない部分で勝負したSUS the 慢性。
たまちゃんもストイックに返すが若干調子が悪いように思えた。
勝者はSUS the 慢性。

○Rayzie-k vs KZ
予選から勝ち上がってきたRayzie-k。
挑戦者というスタンスで押していく。そのスタイルは荒獅子。
KZも非常にテクニカルな返しをするが熱量で飲み込こまれる。
三バース目,KZの言葉を拾っての「能ある鷹」→「音楽馬鹿」という
パンチラインも決まりRayzie-k勝利。
KZのアンサーもよかったが,この日は迫力に負けてしまった印象だった。
KZのリベンジを期待したい。

○NAIKA MCvsあおりんご
1回戦最終試合は群馬の新旧BATTLEMC対決。
あおりんごの成長を感じる戦いには毎回感心させられる。
この日もNAIKA MC相手に一歩も引かない戦いぶり。
あおりんごは「新時代の幕開け!」とあと一歩まで追い詰めるが
ナイカMCの「新時代の幕開け?それは幕開けをまだ待つだけ」からのラインが
逸脱していた。
ライム・フロー・熱量・メッセージ全て揃った2MCの対決はNAIKA MC勝利。
しかし、あおりんごが主役級の活躍をする日はそう遠くないだろう。
あおりんごの今後に期待大。

▼BEST16
COBA5000vsDARTHREIDER○
COBA5000の「久々に年上と当たるから,胸を借してくれ。」
というラインからスタートした二回戦。
3verse目DARTHREIDERがオンビートで気合の入ったRapを披露。
この試合はDARTHREIDERの年の功が試合を制した。
しかし.負けたCOBA5000にも大きな拍手。
今の若手MCと一味違うfreestyleのはもう一度みたい。

Andersenvs焚巻○
前試合とは打って変わって若手MC同士の対決。
ここでも焚巻のラップスキルは光る。
グルーブを作り,メッセージを刺していくRapは実に殊勝。
Andersenも自分の持ち味で勝負しようするが,
テクニカルな焚巻が煙に巻いた。勝者は焚巻。

GILIvsKBD○
またも凄腕Rymer同士の激突。
集中力を切らさず,韻の踏み合う姿は圧巻の一言。
GILIが[押韻勝負→ドンキーコング→老人ホーム]
踏めば「ドンキーコング?お前は聴いとけWON'T BE LONG」
とKBDもカウンター。
両者一歩も譲らない試合だったが、ここはKBDの基礎体力の高さが上回った。
僅差でKBDの勝利。
GILIは少々若さが出てしまったが,初参加からの急上昇していくスキルに驚かされる。
次大会でも参戦を待っている。

○ゆうまvsふぁんく
前試合の熱戦を引き継いでのこの試合。
ここで大阪のもう一人の巨塔ふぁんくに対してゆうまが覚醒。
ふぁんくのCOOLなライムに完全に食らい付く。
ゆうまが徐々に自分の試合を作っていき,
最後はハードライムで観衆を完全ロック。
ふぁんくのシニカルなDis,グルーブも素晴らしかったが
ここで敗退。勝者はゆうま。

○LifesavervsPEKO
予選組からのダークホースLifesaverが一気に牙を剥く。
主役候補PEKOをネームバリュー等関係ないという
スタンスで攻め上げる。
幅広いフロー,メッセージ,今日一番の出来だっただろう。
熱量に当てられたPEKOのラップは若干失速。
1verse目では完全にPEKOが主導権を握っていたのだが.
対戦相手を失速させるLifesaveの気合。恐ろしい。
勝者はLifesave。

○黄猿vsLard
まさかのリベンジマッチ。因縁のある2MCの勝負が実現。
Lardの「バスターコールが現実の物になるとはなぁ!」
と切り込めば「昔の話ばかりで先に進めるのか?」
と黄猿がアンサー、
過去のパンチラインをサンプリングしてのDisもあり
会場も大盛り上り。
二人のスキルフルさはもちろん,2MCの人気に驚かされた。
韻vsフローのスタイルウォーズは黄猿の気迫が勝利。
またこの組み合わせのBATTLEに期待したい。

○鎮座DOPENESSvsSUS the 慢性
ここでビートが【Rack City】にチェンジ。
SUS the 慢性のマッチしたラップアプローチはここでも好調。
しかし、鎮座DOPENESSが相手では分が悪すぎた。
ここでも完全にのれんに腕押しの試合展開。
自分のペースで音を奏で続ける鎮座DOPENESS。
SUS the 慢性の攻撃を全て打ち消し完全勝利。

○NAIKA MCvsRayzie-k
またも1年前の試合の再戦が。
自分のペースで試合を運ぶ,NAIKA MC。
Rayzie-kは1回戦同様,まさに熱量全開。
自分の土台に引き込もうとする。
しかし、NAIKA MCは
「俺は,こいつが燃える闘志なら蒼火のように。燻すではなく穴を開けていくぜ」
と痺れるアンサー。
ルーキー相手に大人の器量を魅せたNAIKA MCの勝利。

BEST8→Finalレポートはこちら



NEXT 戦極MCBATTLE.... 7.21

blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc


e0246863_129243.jpg

[PR]
by SenGokuMC | 2013-06-25 19:57 | BATTLE REPORT