MCBATTLEイベント戦極MCBATTLEの公式BLOGです


by SenGokuMC

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
NEXT 戦極
ENTRY MC's
DVD
戦極MCBATTLE?
BATTLE REPORT
BATTLE MOVIE
play back 戦慄
公式ルール
NEWS
メディア情報
CONTACT
スポンサー募集
MOL53(戦極CAICA)
ACE(戦極CAICA)
田中光(戦極CAICA)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venuspo..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7/24 戦極MCBATTL..
at 2017-07-22 22:00
戦極MCBATTLE 第17..
at 2017-07-20 21:47
戦極×罵倒 ROUND3!7..
at 2017-07-20 21:22
7/24 戦極MCBATTL..
at 2017-07-15 22:39
8.12 Battle Fa..
at 2017-07-14 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

イベント・祭り

画像一覧

カテゴリ:BATTLE REPORT( 41 )

戦極MCBATTLE第10章 真王座決定戦 優勝は....

2014.10.18&19
戦極MCBATTLE第10章真王座決定戦

優勝は・・

晋平太

e0246863_17435166.jpg


▼BEST16
○NAIKA MC VS 呂布カルマ
○晋平太 VS TKda黒ぶち
○ACE VS 1horse
ら不 VS 雄猿○
○黄猿 VS GOCCI
mol53 VS GOLBY○
○ハハノシキュウ VS NONKEY
SIMON JAP VS DOTAMA○

▼BEST8
NAIKA MC VS 晋平太○
○ACE VS 雄猿
黄猿 VS GOLBY○
○ハハノシキュウ VS DOTAMA

▼BEST4
○晋平太 VS ACE
○GOLBY VS ハハノシキュウ

▼Final
○晋平太 VS GOLBY

─────────────────────────────
blog http://sengokumc.exblog.jp/

twitter http://www.twitter.com/sengokumc

youtube http://www.youtube.com/user/senritumc

ON Line Shop https://sengokumc.thebase.in/
[PR]
by sengokumc | 2014-10-26 17:46 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE特別編 2014東阪ツアー OSAKA 8MOJI杯 優勝者は・・

2014.8.9
戦極MCBATTLE特別編 2014東阪ツアー OSAKA 8MOJI杯

優勝は・・
ACE
e0246863_1616555.jpg


賞金¥五万円+トロフィー+10章出場権

▼BEST16
Krypton vs O.Z○
○早雲 vs DK
P-PONG vs ACE○
西 vs KBD○
視聴覚アルピニスト vs ドイケン○
○MC課長 vs RISE
JUNKY vs NAIKA MC○
KZ vs marsh○

▼BEST8
早雲 vs O.Z○
○ACE vs KBD
○ドイケン vs MC課長
○NAIKA MC vs marsh

▼BEST4
○ACE vs O.Z
○NAIKAMC vs ドイケン

▼Final
NAIKA MC vs ACE○

─────────────────────────────
blog http://sengokumc.exblog.jp/

twitter http://www.twitter.com/sengokumc

youtube http://www.youtube.com/user/senritumc

ON Line Shop https://sengokumc.thebase.in/
[PR]
by SenGokuMC | 2014-08-13 16:17 | BATTLE REPORT

戦極MC主催 ULTIMATE MC BATTLE2014 埼玉予選

2014.7.6
戦極MC主催 ULTIMATE MC BATTLE2014 埼玉予選

優勝は・・
スナフキン
e0246863_1352388.jpg


賞金¥五万円+UMB本選参加!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

▼BEST16
アスベスト vs 天狗○
踏剣 vs エイジ○
ダテメギリ vs YUAA○
○Arashow vs MC KUREI
HAWK vs 焚巻○
○スナフキン vs MC正社員
○RYOTA vs 空廻
雄猿 vs ACE○

▼BEST8
天狗 vs エイジ○
○YUAA vs Arashow
焚巻 vs スナフキン○
○RYOTA vs ACE

▼BEST4
○エイジ vs YUAA
RYOTA vs スナフキン○

▼Final
エイジ vs スナフキン○

─────────────────────────────
blog http://sengokumc.exblog.jp/

twitter http://www.twitter.com/sengokumc

youtube http://www.youtube.com/user/senritumc

ON Line Shop https://sengokumc.thebase.in/
[PR]
by SenGokuMC | 2014-07-09 13:52 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE特別編 2014東阪ツアー TOKYO NAIKA杯優勝者は・・

戦極MCBATTLE特別編 2014東阪ツアー TOKYO NAIKA杯

2014.6.21
戦極MCBATTLE特別編 2014東阪ツアー TOKYO NAIKA杯優勝者は・・


KBD
e0246863_19225875.jpg

賞金¥五万円+トロフィー獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

▼BEST16
○1horse vs RYOTA
○SHOW THE NO1 vs MAKI da SHIIIT
○Yo-1 vs JO-Hawk
bunTes vs 呂布カルマ○
○KBD vs icepikk
○成 vs BASE
カツヲ vs VANILLA○
○U-Road vs ACE

▼BEST8
○1horse vs SHOW THE NO1
○Yo-1 vs 呂布カルマ
○KBD vs 成
VANILLA vs U-Road○

▼BEST4
1horse vs Yo-1○
○KBD vs U-Road

▼Final
○KBD vs Yo-1

BATTLE REPORT...作成中

//////////////////////////
blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc

ON Line Shop
https://sengokumc.thebase.in/

nicinico公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/sengokumc
[PR]
by SenGokuMC | 2014-06-22 19:24 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE第9章 -桜祭2day Special- 優勝は....

戦極MCBATTLE第9章 -桜祭2day Special-

2014.4.12&4.13
戦極MCBATTLE第9章 -桜祭2day Special- 優勝


DOTAMA
賞金¥十万円+トロフィー獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
e0246863_15332089.jpg

▼BEST16
DOTAMA vs ガーリー
ガッティ vs LA GLORIA
T@K vs 1horse
MC松島 vs CIMA
SIMON JAP vs GIL
Knic vs MC鈴木DX
mol53 vs 龍道
Mr.SMILE vs KTSRO

▼BEST8
DOTAMA vs ガッティ
1horse vs MC松島 
SIMON JAP vs Knic
mol53 vs Mr.SMILE

▼BEST4
DOTAMA vs MC松島
SIMON JAP vs Mr.SMILE

▼Final
DOTAMA vs SIMON JAP

BATTLE REPORT...作成中

//////////////////////////
blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc

ON Line Shop
https://sengokumc.thebase.in/

nicinico公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/sengokumc
[PR]
by SenGokuMC | 2014-04-18 00:41 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE 第8章 -新春2day Special- 優勝者は・・

戦極MCBATTLE第8章 -新春2day Special-

2014.1.25&1.26
戦極MCBATTLE第8章 -新春2day Special- 優勝


サイプレス上野
賞金¥十万円+トロフィー獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
e0246863_22182224.jpg


▼BEST16
あおりんご vs KEN THE 390○
○MC☆ニガリ vs ふぁんく
○TKda黒ぶち vs KBD
スナフキン vs GOLBY○
SIMON JAP vs CIMA○
KZ vs NIHA-C○
poodle vs R指定○
TAKUMA THE GREAT vs サイプレス上野○

▼BEST8
○KEN THE 390 vs MC☆ニガリ
TKda黒ぶち vs GOLBY○
○CIMA vs NIHA-C
○サイプレス上野 vs R指定

▼BEST4
KEN THE 390 vs GOLBY○
○サイプレス上野 vs CIMA

▼Final
○サイプレス上野 vs GOLBY

BATTLE REPORT...作成中

//////////////////////////
blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc

ON Line Shop
https://sengokumc.thebase.in/

nicinico公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/sengokumc
[PR]
by SenGokuMC | 2014-01-28 22:34 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013 BEST16→Final BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013

戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013 優勝
e0246863_2263558.jpg


poodle
賞金¥38888+トロフィー獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


BEST36&予選のレポートはこちら


▼BEST16

①WATAtheFreeMen ×vsPoodle○
 ここまで他に類を見ない早口フロウと的確なアンサー力で勝ち上がってきた先攻のWATAtheFreeMenだったが、対する後攻のPoodleはビートに対して的確なアプローチ、WATAtheFreeMenを上回るバイブスの高さ、メッセージ性の3拍子が揃っており、絶好調。さすがのWATAtheFreeMenもこの勢いを止める事が出来ず、完璧に流れはPoodleに!勝者Poodle!

②グンジ×vsSIMONJAP○
 相手に対し重過ぎるといっても過言ではないパンチラインの一撃を喰らわせてきたハードライマー同士の対決となったこの試合。試合展開は予想通りのノーガード殴り合いとなったが、それでも徐々に試合の流れはSIMONJAP優勢になっていく。恐るべきはSIMONJAPのバトルMCとしての素質。先攻のグンジがパンチラインを吐けば、カウンターの如く倍の威力のパンチラインを返す。決して自分のスタイルを崩さず、怯む事が無いSIMONJAPの底力を見せつけられたというべきだろうか。勝者SIMONJAP!

③菊丸○vsUNT×
 先攻の菊丸はここでも惜し気も無く持ち前のライムとフロウのスキルを披露。対する後攻のUNTはアンサー力と的確なディスで勝ち上がってきたが、菊丸相手に攻略の糸口を中々掴めず。おそらく菊丸がスタイルを崩さない頑強さを持っていることも原因として挙げられるが、菊丸の早口で攻め込むスタイルはアンサースタイルのMCにとって切り口を見つけるのが難しいということが一番大きな要因だろう。最終的に会場は菊丸を支持。勝者菊丸!

④オロカモノポテチ○vsMCりょ〜た×
 掴み所のない雲のようなMCのオロカモノポテチ、ここまでバイブス満タンで会場を飲み込んできたMCりょ〜たの真逆とも言えるスタイルの両者がぶつかり合った試合。オロカモノポテチの一見ふざけているように見えるが、的確なディスとアンサーの連打にMCりょ〜たも少々困惑気味だったように思える。MCりょ〜たの熱さがここでは裏目に出たか。勝者オロカモノポテチ!

⑤DAIJI○vsMYIYU○
 先攻のDAIJIはバイブスの高さとラップの聞き取りやすさを、後攻のMYIYUはフィーメールラッパーならではと言える観点の鋭さと全てを曝け出す力強さを武器にそれぞれ勝ち上がってきた。両者が自分の持ち味を活かし、ぶつかり合う試合展開となったが、DAIJIのバイブスの高さがMYIYUを一歩上回ったか。勝者DAIJI!

⑥抹○vsシオマリアッチ×
 ネットと現場で己のスキルを磨き続けてきた先攻の抹はここでも卓越したライムスキルと跳ね上がるようなフロウを会場中に見せつける。普通ならこれで勝負アリだが、対戦相手は今大会のダークホース、シオマリアッチ!そうは問屋が卸さない。バイブスの高さに加え、他に類を見ないマイクパフォーマンス力で均衡状態に持ち込む。だが、これが抹の闘志に油を注ぐ形となった。ライムスキル、フロウ、バイブスが3拍子揃った抹にさすがのシオマリアッチも及ばず。勝者抹!

⑦MC松島○vsWeny×
 先攻のMC松島は弁論のプロフェッショナルと言いたくなるほど、ラッパーとして会話のキャッチボールが上手く、的確なアンサー力も持ち合わせているMC。この試合においてもそのセンスは遺憾なく発揮されていた。(ここにMC松島さんのアンサー等を入れると良いかなと思います。)後攻のWenyはフロウの上手さを見せるが、MC松島の的確なディスとアンサーの前には少々分が悪いといった感じ。会場もそれを感じ取ったのか、MC松島を支持。勝者MC松島!

▼BEST8
①Poodle○vsSIMONJAP×
 個人的に今大会で一番見たかった組み合わせとなったこの試合。両者共に予選から勝ち上がってきたわけだが、他と比べ実力が頭一つ飛び抜けていたと感じる人達も多かったのではないだろうか。その両者がぶつかるわけだから、勿論只で済むはずがない。バトルが始まり、重厚かつキレのある言葉が交わされ、目には見えない火花が飛び散る。会場もその凄まじい熱気に当てられ、両者に熱い視線を送るという光景が広がっていた。スキルの面ではどちらが勝ってもおかしくない試合展開だったが、若手としてPoodleの譲れない意地がSIMONJAPの気迫を退けたと言う印象を受けた。勝者Poodle!

②オロカモノポテチ○vs菊丸×

 ふざけた態度で飄々と相手を喰らってきた曲者オロカモノポテチ、対するは正統派かつ本格派と言えるラップスキルを持つ次世代の筆頭菊丸。この2人を優勝候補に挙げていたヘッズも多かったと思うが、奇しくもBEST8で激突することとなった。この試合、菊丸の良さが存分に発揮出来ていなかったように思える。菊丸自身にミスがあったというよりはオロカモノポテチの張り巡らされた策略だったのかもしれない。オロカモノポテチの変幻自在、いや良い意味で適当なスタイルは捉え所がなく、かと思えばエグ過ぎる角度から的確なディス、アンサーが降り掛かってくるのだから対戦相手はたまったものじゃないだろう。技巧派のオロカモノポテチが正統派かつ本格派の菊丸を討ち取ったという感じだろうか。勝者オロカモノポテチ!

③YUAA×vsMC松島○

GILIとの押韻皇子対決、「始末書」→「死ね、キショ」と言ったアイディアを感じるYUU-Aのライムにも「始末書、いつ書くの?」「誰かのyoutubeのライムのパクリ」と動じないMC松島。2バース目では「YUU-Aの押韻を褒めつつも、MCBATTLEは韻が勝つ対決ではない。言い放った後,ライムしまくるあたりもMC松島は、試合巧者。最後YUU-Aが息切れしてしまった事も的確に突いていく。ここは勝者,MC松島。

④DAIJI×vs抹○
抜群のラップの上手さで勝ち上がってきた、抹。今大会屈指の熱さを魅せていたDAIJI。両者スタイルの違うMC同士の対決となったが、ここはまさに舌を巻くようなラップの上手さを魅せた抹に軍杯が上がる。最後の準決勝進出者は抹!

▼BEST4
①Poodle○vsオロカモノポテチ×
 キレのあるフロウに重厚感溢れる言葉を乗せ、対戦相手、ラップを聞いている観客に真摯に自分が伝えたいメッセージをデリバリーするMCPoodle、変幻自在にスタイルを変え、対戦相手を翻弄してするMCオロカモノポテチ。試合前に予想していた試合展開とは全く異なる様子を見せたこの試合。先攻のPoodleは自分のスタイルを崩すことなく、オロカモノポテチに向けて熱過ぎるラップをぶつける。対するオロカモノポテチは飄々とした態度で熱さを躱すかと思ったが、Poodleの熱気に当てられたか、真摯にそれを受け止め、アンサーしていくというまさかの乱打戦。どちらもこれでもかという位の重いパンチラインを吐き出すが、最初から最後まで自分のスタンスを貫くPoodleの男らしさが加わった一撃は予想以上の威力だった。会場もPoodleを支持し、勝者Poodle!

②MC松島○vs抹×
 BEST4第1試合の熱さの余韻に浸る間もなく、Poodleが待ち構える決勝へ進む一人を決めることとなったこの試合。果たして的確なアンサー力、弁論術に長けているMC松島か、それともネットと現場を繋ぐスキルを持ち合わせたMC抹か。互いに持ち味を活かす試合展開だったが、ここに来て抹がバイブス満タンで数多くのライムをMC松島に向けて集中砲火。本領発揮で勝負アリかと思われたが、それを上回る神懸かり的な技術をMC松島が会場中に魅せつける。抹の言葉の一つ一つを零さず、丁寧に掬い上げるかの如く、真摯にアンサーしていく。更には抹の急所をしっかり突いて行く冷静さも忘れてはいない。MC松島の試合運びの上手さが露呈した試合だったとも言えるだろう。勝者MC松島!

▼Final
Poodle○vsMC松島×
 遂に迎えた決勝戦は予選から他を寄せ付けないスキル、熱さを持って勝ち上がってきたPoodle、八文字杯の刺客の一人であり、持ち前のアンサー力と弁論術で相手を説き伏せてきたMC松島の対決となった。この日予選から観戦してきたお客さんにとっては当たり前の好カードになったとも言える。実際試合が始まると、お互いのスタイルとスキルを存分に発揮し、会場のボルテージは最高潮に!勝負の勝敗を分けたのは言葉選びのセンス、言葉をビートに当てはめる能力、言葉自体のキレというラップの最も原始的な部分においてPoodleがMC松島を一歩上回っていたからではないだろうか。MC松島もいくつものパンチラインを吐き出し、Poodleに肉迫していたので、次回また戦う事になればどちらが勝つかは分からないだろう(MCバトルにおいては当たり前のことではあるが、それだけ凄い試合だったと言える)。両者の更なる飛躍を願う。優勝者Poodle!

フレッシュの才能がぶつかりあった「戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013(13.11.4) 」
今回、戦極ON LINE SHOP限定で500毎限定でDVDを販売する事が決定!
また、niconico公式チャンネルでは
BEST8から決勝戦まで配信。戦極ヘッズではチェック!!


▼戦極 ON LINE SHOP

▼戦極MCBATTLE × niconico公式チャンネル

[PR]
by SenGokuMC | 2014-01-17 00:24 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013(13.11.4) BEST36&予選 BATTLE REPORT

戦極戦極MCBATTLE外伝 渋谷八文字杯2013(13.11.4) BEST36&予選

▼予選
①WATAtheFreeMen○ vs 44桜×
八文字杯予選第一試合目はDJMOTOIがバトルビートに「Beats&Rhyme」を選択し、スタート!
まず、先攻のWATAtheFreeMenは早口フロウで矢継ぎ早に言葉を繰り出して行く。
対する44桜は「レントゲン、目と目を見て話せ」などライムをいくつも投下して行くが、
スタイルがR指定そっくりじゃねぇかとWATAtheFreeMenに切り込まれ、
これで勝負アリ。勝者WATAtheFreeMen!

④オオイエ×vsPoodle○
先攻のオオイエは上手くスタートダッシュを切る事が出来ず。
対するPoodleはフロウ、バイブスの高さ、ラップ
の聞き取りやすさの3拍子が揃っていたのに加え、先攻のオオイエに対して「HIPHOP」
とは何かをアツく説いて会場を湧かせた。
さすがの貫禄。勝者Poodle!

⑥RickTheRipper×vsグンジ○
先攻のRickTheRipperは残念ながらラップの内容が聞き取りにくかった。
対する後攻のグンジは「お前の言葉は上っ面」、「俺はこうやって言葉を乗せていく」
と言葉の重みを強調しながら、真摯にラップして行く。その差が勝敗に繋がったか。
勝者グンジ!

⑧MCパピル×vsペラ○
突如現れた謎の開拓者ペラ。ペラのバースで一気に空気は変わった。
後攻のペラのフロウとバイブス重視の先攻のMCパピルを上回った。勝者ペラ!

⑨みかんゼリー○vsSrICE×
司会の八文字が名前を読み上げた瞬間に歓声が起こったこの試合。
おそらく、最近のMCバトルをチェックしている人であれば両者の名前を耳にした事があるのではないか。
特に先攻のみかんゼリーは今年度のB-BOYPARKやUMB埼玉で目覚ましい活躍を見せている。
それを裏付けるかのように、先攻のみかんゼリーは「押韻主義には興味ねぇ」と会場を一気に湧かせる。
対する後攻のSrICEはライムしながら「俺がSrICE。しっかり脳裏に刻め!」と上手い着地点。
会場の判定は割れ、延長戦へ突入。
延長戦ではSrICEが「お前のラップはネタみたい。何か忙しない〜相手にならない」とライムすると、
「相手にならねぇ?延長まで来てんじゃねぇか!」とみかんゼリーが的確なアンサーを返した。
これで勝負アリ。勝者ミカンゼリー!

⑩タムチャオThe二コミスタ× vs UNT○
先攻のタムチャオThe二コミスタは下ネタラップで会場を盛り上げたのに対し、
後攻のUNTは「ハーコー精神〜キングオブステージ」のラインでラップの格好良さを見せつけた。
会場は僅差でUNTを支持。勝者UNT!

⑳3Tani ○ vs signal×
この試合からDJMOTOIに代わり、DJRINDがバトルビートを担当。
会場も一層熱気を帯びてきた。先攻の3taniは現場主義をアツくラップで表現し、
メッセージ性、ラップの聞き取りやすさが抜群だった。
対する後攻のsignalは3taniが高校生ラップ選手権に出ていたことをネタにディスしようとするが、
上手く行かず。勝者3tani!

㉓泉ピン太郎○ vs シオマリアッチ×
先攻の泉ピン太郎は「シオマリアッチ、井戸端会議」で踏むなど、
ライムスキルの高さを見せつけた。
対して後攻のシオマリアッチは今大会の台風の目と言ってもおかしくないほど会場を盛り上げた。
ビートに上手くアプローチしたフロウ、バイブスの高さ、
ライムセンスが光っていたし、「FUCK風営法」のパンチラインでとどめの一撃!
「顔と名前だけでも覚えてくれや」と本人はラップしていたが、
実際多くの観客がこの日「シオマリアッチ」という名前を心に刻みこんだのではないだろうか。
勝者シオマリアッチ!

㉔kazan×vs1horse○

この試合に関しては後攻の1horseがさすがというべきだろうか。
バイブス高めに「確かに俺は有名人。だからお前はここで急停止!」のパンチライン、
流行の倍返しネタを取り入れてラップし、UMB2011横浜チャンピオンの貫録を見せつけた。
勝者1horse!

㉗南無×vsMIYU○

先攻の南無はMIYUが高校生ラップ選手権に出場していた事やフィーメールラッパーで
あることをネタにラップしていくが、対する後攻のMIYUはそれを物ともせず、
過激な下ネタを盛り込んでラップしていく。
ラブホやベッドインネタ、更には「下のマイク」といった我が家坪倉ばりの上手いラインを披露。
女性ラッパーならではの観点が盛り込まれていたラップが観客の心を掴んだ印象。勝者MIYU!

㉙セビヨ×BAD○
この試合は終始後攻のBADが優位に立っていたという印象。
BADのライムスキル、フロウが先攻のセビヨを一歩上回ったか。
両者のこれからの成長に期待したい。勝者BAD!

㉚SK×vs72○
試合が始まると、先攻のSKはフロウを重視、後攻の72はバイブス高めにメッセージを投下していく。
真逆とも言えるスタイルの両者であるが、72の意識の高さは流石!
72が一歩先を行った。勝者72!

▼BEST36
①WATAtheFreeMen ○vsタカナギ×
BEST32からはバトルビートをMPCプレイヤーSTUTSが担当。MPCの生演奏で会場も一層盛り上がっていた中、第1試合目は先攻WATAtheFreeMen、後攻タカナギという組み合わせ。先攻のWATAtheFreeMenは予選と変わらず、早口で言葉を連射していくスタイル、後攻のタカナギは田中将大など時事ネタを盛り込みながらライムしていくスタイルを披露。どちらが勝ってもおかしくない戦いだったが、会場は僅差でWATAtheFreeMenを支持。勝者WATAtheFreeMen!

②バトル手裏剣×vsプードル○
 ラップスキルに安定性がある先攻のバトル手裏剣だったが、それでも今日のPoodleの勢いは尋常ではなく、止めることが出来ない。Poodleが神風のラインを吐くなど言葉のカッコよさを会場中に見せつける試合となった。勝者Poodle!

③Leothetwoface ×vsグンジ○
 先攻のLeothetwofaceはライムを次々と繰り出すが、ビートが合わなかったせいか、上手く決まらず。それに対し、後攻のグンジはLeothetwofaceのお株を奪うかのごとく、「俺の韻は相当堅い~お前には勝つ方法がない」、「押韻主義?もういい、もういい。」とパンチラインを連発。的確なアンサーで勝利を呼び込む形となった。勝者グンジ!

④ペラ×vsSIMONJAP○
 先攻のペラが予選と同じく流れるようにフロウしていくが、後攻のSIMONJAPはそのスタイルに対して激しく非難。「お前の名前はペラ?ラップも中身もペラペラ?それじゃダメだろ!」という痛烈なディスがペラに突き刺さり、これで勝負アリ!勝者SIMONJAP!

⑤菊丸○vsみかんゼリー×

今大会優勝候補の一角として挙げられていた、町田をレペゼンするラップグループ「孔雀」の切り込み隊長こと菊丸、予選で会場を大いに沸かせたみかんゼリーという注目の対決。先攻の菊丸はビートに上手くアプローチしながら、固い韻を踏んでいくのに対し、後攻のみかんゼリーが「頭チン毛みてぇ」とまさかの菊丸の髪形をディス!これで勝負が決まったかと思ったが、菊丸は自分のスタイルを崩さず、冷静にアンサーしていくというさすがの対応。バトル経験値の差をみかんゼリーに見せつける形となった。勝者菊丸!

⑥UNT○vs浄化悪×
 この試合の決め手となったのは的確なアンサー力という印象。後攻の浄化悪が「ちんぷんかんぷん~真空パック」というラインを決めると、先攻のUNTがそれを拾い、「勝つのは俺でしょ?十中八九」と上手い切り返し。更には「お前のラップはマスターベーション?」と痛烈なディスで浄化悪を攻め立てた。ラップのキャッチボールがしっかり成立していた良い試合であった。勝者UNT!

⑦braian×vsオロカモノポテチ○
 先攻のbraianが後攻のオロカモノポテチに対し「お前のラップはまるで仕込んできたモツみたい。会話が分からない」と先制口撃。これは効いたかと思ったが、さすがは曲者オロカモノポテチ。さらりと躱し、独特のフロウで飄々とふざけだした。かと思えば「これが俺の本気のパンチ」とラップし、一気に攻め立てる。さながら、「昼行灯」大石内蔵助のようにも感じた。これが出来るのがオロカモノポテチの強みだろう。勝者オロカモノポテチ!

⑧MCKUREI×vsMCりょ~た○
 ライマー同士の対決となったこの試合。各々がライムを絞り出し、相手にぶつけていくが、中々有効打が出ず。それでも、バイブス満タンで会場を沸かせたMCりょ~たに軍配が上がったという印象。勝者MCりょ~た!

⑨kazuu×vsGILI○
 kazuuは「お前はまるで半ライス。俺にとっては全然足りないっす!」というパンチラインでいきなり会場を沸かすが、何せ相手は戦極が誇る押韻皇子GILI。押韻勝負ではおそらく戦極随一だろうと思うほどのライム数とライムのキレを会場中に見せつける。両者ともまだまだ伸びしろがあると思うので、これからの更なる成長に期待したい。勝者GILI!

⑩icepikk×vs3tani○
 先攻のicepikkは「アイスピック」という名前の通り、「高校生ラップ選手権」に出場していた3taniに対し痛烈なディスを突き刺す。対する「代々木サイファーの首領」である3taniは真摯なラップで対応。会場の判定は割れ、延長戦へ。延長戦ではお互いの地元話をネタにラップする二人。会場は僅差で3taniを支持。勝者3tani!

⑪Weny○vsKZ×
先攻のWenyは予選でも見せていた独特のフロウがここでも冴えわたり、会場を沸かした。刺客の一人でもある後攻のKZは「お前黒人のくせにラップ下手過ぎやろ」、「お前は真っ黒クロスケ?俺の方がラップ凄腕!」とパンチラインを連続投下!サイファーで磨き上げたスキルを遺憾なく発揮し、勝負ありかと思われたが、ここからWENNYがまさかの追い上げを見せる。彼女がいないことをネタにラップし、「HIPHOPがあるから、それでも人生充実」というパンチラインで一気に流れを自分に持っていった。ラストバースでKZが「ラップで金稼いでからそういう事言えや」と対抗したが、一歩届かず。勝者Weny!

⑫butya×vsMC松島○
この試合、「日本語ラップ界のネゴシエーター」ことMC松島の巧さが光った印象。butyaが持ち出した「地元話」に対して、「俺の地元は札幌。札幌の事知りたいならググれ!」とバッサリ切った。上手い切り替えしで流れを変えるのはさすがバトル巧者という他ない。勝者MC松島!

⑬1HORSE×vsシオマリアッチ○
UMB2011横浜チャンピオンと今大会のダークホースの対決となったこの試合。先行の1HORSEはバイブス全開で会場内のボルテージを一段階上げ、ここは通さないという意思を見せつけた。しかし、「暴走機関車」シオマリアッチは全速力で突っ込んでいく。「頭フル回転~東北楽天」の時事ネタも盛り込んだラインを披露し、持ち前のエンターテイナー気質で観客を魅了。誰も予想だにしなかったUMBチャンピオンの敗退という大番狂わせもMCバトルならではか。勝者シオマリアッチ!

⑭72×vs抹○
先攻の72はバイブス高めにライムしていくという予選と変わらないスタイルだったのに対し、後攻の抹はビートに合わせたフロウで冷静にライムをするという対照的なスタイル。抹の方が一貫してラップが安定していたのもあるが、バイブスを重視したスタイルのラッパーが多い中、ラップの基礎体力を重視したスタイルの抹が逆に新鮮だったことも勝因につながったのでないか。勝者抹!

⑮フータローakaWW×vMIYU○
この試合は後攻のMIYUが予選の勢いのまま押し切るという試合展開になった。先攻のフータローakaWWに対し「お前のお腹はポヨンポヨン?私が好きなのは黒人マッチョ!」とまさかの好みのタイプをネタにディス!MIYUが自分の持ち味を活かしたラップは切れ味抜群だったこともあり、勝者MIYU!

⑯DAIJI○vsMC妖精×
先攻のDAIJIは地元静岡をレペゼンしつつ、アツいラップを展開。対する後攻のMC妖精は「お前がレペゼン静岡?それはY.A.Sに迷惑だぜ」とディスるが、決着が付かず延長戦へ!延長戦ではこれといった決め手は無かったが、会場は僅差でDAIJIを支持。勝者DAIJI!

⑰PONY×vs WATAtheFreeMen*シード
刺客の一人PONYがここからバトルに参加。PONYと言えばB-BOYPARKチャンピオンであり、2ndアルバムを発売したばかりで勢いに乗っているMC。変則的なビートであったにも関わらず、完璧に乗りこなすことが出来たのはバトル経験値の高さとフロウ巧者所以だろうか。流石の一言であった。対するWATAtheFreeMenは早口で言葉数多くライムしていき、会場を盛り上げた。会場の判定は僅差でWATAtheFreeMen。勝者WATAtheFreeMen!

⑱菊丸vsJiji*シード
 先攻菊丸、後攻Jijiで始まった試合だが、膠着状態になりそのまま延長戦へ。先に突破口を切り開いたのは菊丸。B-BOYPARKチャンピオンとしての意地と「勝ち取る実力で」のラインが勝利の決め手となったか。勝者菊丸!

⑲GILI×vsYUU-A○*シード
 先攻のGILIがインテリラッパーをネタにYUU-Aをディスるが、後攻のYUU-Aが「こいつはリベンジマッチ!」とバイブス高めにアンサーを返す。GILIの2バース目「またつまらない物を切ってしまった」という石川五右衛門の名言をサンプリングし、しっかりとオチを付けたラップも格好良かったが、YUU-Aの気迫に一歩及ばず。勝者YUU-A!
[PR]
by SenGokuMC | 2014-01-16 23:49 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE 特別編×UMB2013埼玉予選 Champion

戦極MCBATTLE 特別編×UMB2013埼玉予選 Champion
e0246863_2242048.jpg

TKda黒ぶち
賞金¥50000+UMBグランドチャンピオンシップ出場権獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


▼BATTLE REPORT
Free Style爆進地SAITAMA。戦極MCBATTLEとのコラボで行われた本大会は,エントリー限度超えの64MCでスタート。
ROUND1第一試合から"NAOMY vs 裸武"というボーダレスな組み合わせが実現。
先攻、2011年度チャンプ裸武がUMBへの思いを吐き出し,会場は一気に集中力を増す。
戦極の女帝"NAOMY"も自分の色で対抗するが,ここは裸武の勝利。
この試合を皮切りに,"磯友 vs hiero","GOMESSvsゆうま","WATAtheFreeMen vs Z.I.O-RAMA",
"PONY vs W@ter","TKda黒ぶち vs 天狗","アスベスト vs ACE","えいじ vs スナフキン"
"MCりょ〜た。vs ノンアルコール"など大会序盤から中盤、目が離せない熱戦が続く。
また戦極の主催者"MC正社員"は14才のMC"みかんゼリー"に1回戦で敗退。
MC正社員の権力ライムも埼玉のオーディエンスの前では無力であった。UMB,戦極にはお情け判定など通用しない。
BEST8は磯友、焚巻、TKda黒ぶち、裸武と歴代の埼玉王者が揃い踏み。
大混戦の中,虎視眈々と頂上を狙うACEとスナフキンが焚巻、磯友と言った優勝経験者を撃破。
かくして,本年度の4強は,裸武","ACE","スナフキン","TKda黒ぶち"に決定。
誰が優勝するかわからない空気の中,決勝は昨年とは違うパワーを見せた"TKda黒ぶち"
晋平太に続く二大会制覇を狙う,"スナフキン"の二名のカードに決定。
フロー,ライム,アンサーと三位一体の攻撃で勝負強さを魅せたスナフキン。
TKda黒ぶちをあと一歩まで追い詰め,埼玉予選史上もっとも白熱した決勝戦は延長戦へ。
延長戦,16小節二本でFreestyleの真の強さを魅せた"TKda黒ぶち"が"スナフキン"に勝利。
"TKda黒ぶち"が戦極・埼玉の思いを背負い再びグランドチャンピオンへ挑む

▼BEST16
○裸武 vs あおりんご
○PONY vs W@ter(延長)
ノンアルコール vs MCりょ〜た○
○TKda黒ぶち vs 天狗
○ACE vs アスベスト(延長)
我妥力-watari- vs 焚巻○
えいじ vs スナフキン○
○磯友 vs タカナギ

▼BEST8
○裸武 vs PONY(延長)
MCりょ〜た vs TKda黒ぶち○
○ACE vs 焚巻
スナフキン vs 磯友

▼BEST4
裸武 vs TKda黒ぶち○
ACE vs スナフキン○(延長)

▼Final
○TKda黒ぶち vs スナフキン(延長)

***********************************
blog
http://sengokumc.exblog.jp/

twitter
http://www.twitter.com/sengokumc

ON Line Shop
https://sengokumc.thebase.in/

nicinico公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/sengokumc
[PR]
by SenGokuMC | 2013-10-14 22:53 | BATTLE REPORT

戦極MCBATTLE七章 vs THE罵倒2013 特別編(2013.7.21) BEST8→Final

戦極MCBATTLE七章 vs THE罵倒2013 特別編(2013.7.21)

BEST32はこちら
BEST16はこちら

-戦極MCBATTLE 7章vs THE罵倒2013 特別編Champion-
e0246863_2245682.jpg


DOTAMA
賞金¥50000+トロフィー獲得!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



▼BEST8
○SIMONJAPvsハハノシキュウ×
 BEST8一試合目はまさにスタイルウォーズ!この試合でSIMONJAP,ハハノシキュウ共に覚醒!ハハノシキュウのディスの切れ味が鋭すぎて、観客は大盛り上がりだったが、それが逆にSIMOMJAPの闘志に火を付けてしまった。「ただのロンゲ」とDisられたハハノシキュウも「ただのロンゲ?文句ある?ただの金髪!しろよ自殺!」とハハノシキュウの特有の身も蓋もない攻撃が炸裂。SIMONJAPも「自殺なんてするかよ!」一歩も引かないストリートスタイル。対してリップクリームモンスターハハノシキュウも様々な角度からDis。しかしここは本来の罵倒とはどういったものかを見せつける展開になり、「罵倒」といったフィールドではSIMONJAPに軍配が上がった。勝者SIMONJAP!

×黄猿vsDOTAMA○
 他大会も含めると、もう何度この2人は対決しているのだろうか。お互い「またかよ!」という感情を抱いていたとは思うが、お互いの手の内は大体分かっている2人だけに今回はどうなるのかという期待を観客はしていたと思う。ビートに上手くアプローチしながらキレキレのフロウを見せる黄猿に対し、早口で矢継ぎ早に言葉を連射していくDOTAMA。こうもスタイルが異なった2人が互いにラップしているのだが、ここは前試合相方のハハノシキュウの奮闘ぶりを見たドタマが一気に攻め込む。足が折れてる黄猿が「障害者否定するのか?」と言うと「弱者を逆手に取るとか、お前共産党員か!?」とカウンターしたラインは今大会一番のパンチラインだっただろう。勝者DOTAMA!

○NIHA-Cvs呂布カルマ×
 奇しくも渋谷ASIAで名古屋を代表するMC同士の対決となったこの試合。当然顔見知りではあるだろうが、音源を聞いても対局のスタイルを取っているMC2人の対決は見物であった。呂布カルマは変わらず、「静かな暗殺者」というべきスタイルで、NIHA-Cに重いパンチラインを連打するが、対するNIHA-Cは少し熱に当てられたかのように、今までの受け流すスタイルではなく、呂布カルマの重いパンチライン一つ一つに丁寧にアンサーしていく。しかし、ここでも余裕や軽い毒舌交じりであったNIHA-Cはさすがというべきだろうか。その姿勢に心を打たれた観客もおおかったのでないだろうか。勝者NIHA-C!

×Kowree vs ERONE○
 お互いが重量感たっぷりのラップをアツく披露。ウルトラヘビー級同士の戦いはがっぷり四つ組みとなった。この戦いはスキル面、バイブス面も五分五分といった感じだったが、ERONEが非常にアグレッシブなパフォーマンスを展開!勝敗の差は経験の面だったと思う。互いが実力あるMCだけに見応えのある試合だった。勝者ERONE!

▼BEST4
×SIMONJAP vs DOTAMA○
今大会,戦極vs罵倒で一番のベストバウトはこの試合であることに異存があるものは少ないはずだ。
対ハハノシキュウ戦で覚醒したSIMONJAPの熱気、いや殺気ともいうべきものに触発されたのだろうか、
普段は中々見られないDOTAMAの一面が見られた試合でもある。SIMON JAPが「韻踏め,身元不明」、
「うるせぇ!」と怒濤のディスを展開すると、DOTAMAもキレたかの様に、ステージ全体を飛び跳ね、
駆け巡りながら、真っ赤な顔でキレキレのフロウと切れ味鋭いアンサーを返していく。
音源やMCBATTLE自分の人生観,をぶつけるようにラップしていくドタマは
「ライオンのような見た目なあんたもガゼルに切られることもあるんだぜ?」
などここでもドタマイズム炸裂。当然のように試合は延長戦へ突入。ここでも火花が飛び散る激戦が繰り広げられる。延長戦3バース目,4バース目に若干失速してしまった、SIMON JAP
に的確にライミングしていくDOTAMA。
ハハノシキュウの仇討ちへのバイブス,DOTAMAの鬼気迫るラップが観客の心を掴み、
僅差で勝者DOTAMA!

×NIHA-C vs ERONE○
フロウ巧者のNIHA-Cとベテランとしての安定感があるERONEという試合構図を予想していたが、
始まってみると簡単に予想は覆された。ERONEがビートに対して跳ねるフロウを披露し、自身の身体ごと、
いや、会場ごと跳ねさせたのだ。しかも、そこに固すぎるライミングスキルが加わって相乗効果を生み出すのだから、たまったものではない。NIHA-Cも若手ながらの見事なビートアプローチと軽快なラップを見せる。
NIHA-Cが「三十路でこのスキル,俺はまだ伸びる。想像してみろ俺の八年後」
へのERONEのアンサー「証明してみろよ。八年後。今こいつは自分の負けを宣言!」
という返しもERONEのバトル巧者ぶりがわかる。勝者ERONE!

▼Final
○DOTAMAvsERONE×
決勝のビートに選ばれたのはAKLOの「REDPILL」。
もうこの時点でヤバいのは分かるだろう。DOTAMAの「待ち望んだ展開なんだろ」のサンプリングから試合は開始。SIMONJAP戦の勢いを保ったまま、キレキレのフロウを披露するDOTAMA。会場は最高潮に。
対するERONEは重いビートに対して先ほどと同様に跳ねるかのようなアプローチと固い韻を落としていく。
個人的には決勝でERONEの真髄を発揮していたと思う。判定は五分試合は延長戦へ突入。
延長戦になると、DOTAMAが最後の力を振り絞り、ステージを縦横無尽に駆け巡り、
張り裂けるかのようなラップをし、会場の熱気も最高潮に!対してERONEはスタミナ切れを起こしていたような印象を受けた。その差がそのまま結果につながる形になり、勝者はDOTAMA!

▼予選
予選には60MCが参加。今回は罵倒とのコラボという事もあり戦極では
見ない顔ぶれも多数参加。
第一試合penie vs ともじょんから罵倒らしくバチバチの試合を展開。
戦極常連も多く参加したが、過去にもバトル実績がある
裸武,SUS the 慢性,BASE,グンジ,我妥力-わたり-などは流石の戦いぶり。
会場を盛り上げていた。またフレッシュなメンツ同士のONE vs BATTLE手裏剣,R.O.G vs インタナ
なども見応え充分。秋田から来たR.O.Gのタイトなラップと
ザイオンのインタナの怪物ぶりなど・・。今まで見たことが無い各地方から来るMC達の奮闘は嬉しかった。
予選一番のベストバウトは本選行き最後の椅子を争っての戦い
太郎後藤 vs 萌黄 の1戦だっただろう。萌黄の成長速度にも驚くが、甲斐の快男児太郎後藤の
有無を言わせないラップ力は現場をロック。戦極らしい熱戦だっただろう。今回も予選からベストバウトの連続だった!全ての参加MCにbig up!

そして・・今大会も完全収録したDVDを発売!
今もっとも熱いMCBATTLE「戦極」と今もっとも危険なMCBATTLE「罵倒」
二つの大会が大激突した本大会。
もちろん全国流通!あなたの近所のお店でも戦極DVDが並びます!

【戦極MCBATTLE7章vs罵倒2013特別編 2013.7.21完全収録】
2013.冬 全国流通でDVD発売決定!続報は当公式サイトにて・・。

[PR]
by SenGokuMC | 2013-09-16 01:16 | BATTLE REPORT